東京都港区 | 浜松町駅前 | 世界貿易センタービルの歯科医院 | 予防・インプラント・審美・咬み合わせ・矯正
rss

審美歯科治療

白く輝く、美しい歯を取り戻す治療

審美歯科治療当院では、審美歯科治療を行っております。
審美歯科治療とは、歯並びや咬み合わせ、ホワイトニング、白い詰め物・被せ物の治療などにより、審美性(美しさ)を追求しながら、機能性の回復を目的とした専門的な歯科治療の事です。
虫歯になった部分や歯周病になった部分だけを治すのではなく、白くて綺麗な歯並びになるよう改善します。

口を開けた時に銀歯が目立つ、または、歯が黄ばんでいるため大きな口を開けて笑うことができないなどのお悩みを抱えている方などには、審美歯科治療をご提案しています。

審美歯科治療とは、ただ単に白い歯にすればいい訳ではありません。
白く輝く歯でありながら、綺麗なフェイスラインになるよう、歯並びも考慮した治療です。ご自身のお口にお悩みを抱えている方は、ぜひご相談いただきたいと思います。

また、審美歯科治療に用いられる白い歯の詰め物・被せ物は、セラミック等の素材で出来ているものも多く、アレルギーなどの面においても安心できる治療です。

セラミッククラウン

セラミッククラウンとは、セラミックでできた被せ物の事です。
虫歯治療のページでご説明した通り、『C2』以上まで虫歯が進行している場合、虫歯の部分を削り、その後に被せ物を被せる治療(補綴治療)を行います。
従来の歯科治療ですと、保険診療範囲内で銀歯を被せることが主流でした。
しかし、銀歯だと、お口を開けた時に銀歯が光り、見た目にも良くないことから、より美しさを求められる方にセラミックでできた被せ物を使った治療が選ばれるようになりました。

セラミックとは狭義には陶磁器という意味を持ちます。つまりはお皿と同じように陶器に使われる素材です。お皿は水で綺麗に洗えば落ち、汚れも付きにくいですよね。それと同じようにセラミック素材で出来ている被せ物は、汚れもつきにくく、非常に扱いやすい歯になります。

見た目もご自身の天然歯と変わらない自然な白さです。

また、セラミッククラウンには主に2種類あります。それぞれ特徴がありますので、患者様の状況に応じて選択します。

メタルセラミック

メタルセラミック金属の被物を土台に使用して金属の上にセラミックを貼り付けて作るものをメタルセラミックと呼びます。

オールセラミック

オールセラミック全部セラミックだけで作ったクラウンです。歯茎の黒ずみを心配する必要もなく、金属アレルギーの心配がありません。

ラミネートベニア

ラミネートベニアラミネートベニアとは、綺麗にしたい歯の表面を薄く削り、その部分に薄いセラミック製のシェルを貼り付ける治療です。歯並びにあまり問題の無い方向けの治療法で、大きく削らずに美しい歯に修復できます。

セラミックインレー

セラミックインレー虫歯治療のページでご説明した通り、C1やC2くらいまでの比較的小さな虫歯の治療には詰め物(インレー)の治療を行います。
従来の保険診療範囲内の治療ですと、詰め物も銀のインレーを使う事が多いのですが、こちらもやはり見た目と金属アレルギーの心配があります。
セラミックでできた詰め物(インレー)であれば、見た目にも美しくアレルギーの心配も無くなります。

セラミックインレーには、全てセラミックでできたオールセラミックと、セラミックとプラスチックの混合素材でできたハイブリッドセラミックがあります。

審美歯科治療における保険外診療について

保険外診療通常、審美歯科治療の領域で行う治療は、保険外の診療であることが多いです。より美しく耐久性に富んだ材料で、時間をかけて綺麗に治していきます。

よって、通常の保険範囲内の治療とは異なり、治療費が高額になる場合がございます。

しかし、治療の最初に、患者様に審美歯科治療のメリット・デメリットについて丁寧にご説明してから治療に進み、複数の治療の選択肢の中から、患者様にお選びいただきます。
決して、強引に高額な保険外診療を強要することはございません。
ご不明な点は何でもご質問いただき、不安を解消しながら治療を進めてまいりますのでご安心ください。