東京都港区 | 浜松町駅前 | 世界貿易センタービルの歯科医院 | 予防・インプラント・審美・咬み合わせ・矯正
rss

虫歯治療

お一人おひとり丁寧に診断・治療

虫歯治療当院では、お子様〜成人の虫歯治療を行っています。当たり前の事ですが、患者様の虫歯の状況をしっかり拝見し、

    1. できるだけ削らない
    2. できるだけ抜かない
    3. できるだけ痛みの少ない治療

この3つを基本に、お一人おひとりに丁寧な治療を行うよう心がけております。

特に、当院は遠方からご来院いただく患者様も多くいらっしゃるのが特徴です。
浜松町駅直結のビルにあるということもあり、立地面では通い易い場所にありますが、何度も何度も遠方から治療においでいただくのは、実に面倒な事と思います。ですから、できるだけ通院回数を短くできるよう、1回の治療を長めに設け、じっくり患者様と向き合い治療するようにしています。
そのため、ご予約制とさせていただいておりますので、ぜひ、一度お電話にてご予約いただきご来院いただければと思います。

虫歯を治すというよりも虫歯を作らせない

虫歯を作らせない当院では虫歯をしっかり治すという事はもちろんのこと、それ以上に『虫歯を作らせない』というアプローチを大切にしています。(詳しくは、予防歯科のページを御覧ください)
乳歯から歯が生え変わった後の永久歯は、一度抜けたら、二度と生えてくることはありません。
ですから、ご自身の永久歯を大切にし、歯の健康を守り続けることこそ、歯科医師、歯科衛生士の努めだと思っています。

虫歯になったら歯を削り、また虫歯になったら歯を削るという治療を続けていくと、どんどん歯が減ってしまします。どこかで、虫歯にならないような生活をするよう心がける必要があります。このような、歯の健康維持の担い手として、歯科医院の役割は重いと考えています。

虫歯のステージと治療

それでは、虫歯の進行度に応じた治療のご説明をいたします。虫歯治療の基本は、なにをおいても『早めに治療』しかありません。虫歯が小さい時点で適切な治療を行うことで、その後の進行を遅くし、進行を抑えることも可能です。
小さな虫歯だから…と放置せずに、気になったら、すぐ歯科医院を訪れてください。小さな虫歯の治療はあっという間に終わります。今の歯科治療は痛みの少ない麻酔法が浸透し、治療時の痛みを極力抑えることも可能です。

虫歯レベル『C0』虫歯になりかけた状態

虫歯レベルC0歯の表面の溝が、ちょっと黒くなり始めた状態が『C0』です。この状態では痛みも起こりませんので、むやみに削らずにそのままにしておく方が良い場合が多いです。しかし、素人判断で放置するのはオススメしませんので、必ず歯科医師に判断してもらうのが良いでしょう。
また、場合によってはフッ素を塗ることで、歯にミネラルを与え、再石灰化を促進させ、虫歯の進行を遅らせたり、止めることもできます。日常の歯磨きでフッ素入りの研磨剤を使用することも効果的ですが、やはり歯科医院で定期健診を行い、フッ素を塗布してもらうほうがより効果的です。

虫歯レベル『C1』小さな虫歯の穴があいた状態

虫歯レベルC1歯に小さな穴が空いてしまった状態が『C1』です。この穴は、黒や茶色っぽく変色して見えます。ただ、この状態では、まだ歯の表面のエナメル質の部分に限局していますので、痛みを伴うこともありません。
歯科医師が、経過観察ではなく削る必要があると判断した場合は、その部分だけ削って除去します。その後は、インレーという金属の被せ物を被せます。
また、小さな穴であれば、金属のインレーではなくコンポジットレジンというプラスチックの詰め物で修復することもできます。コンポジットレジンは白い詰め物なので、見た目もさほど違和感はありません。1〜2回の通院で治療は完了します。

虫歯レベル『C2』象牙質まで進行した状態

虫歯レベルC2歯の表面であるエナメル質を越えて、その奥の象牙質まで進行してしまった虫歯が『C2』レベルです。虫歯が象牙質まで進行してしまうと、冷たいものや温かいものでしみたりする場合があります。
このまま放置すると、歯髄まで進行してしまい、激しい痛みを生じますので、できるだけ早めに治療が必要です。
治療は、虫歯になった部分を削り、詰め物や被せ物の治療を行いますが、削る時に痛みが生じないよう、局所麻酔を使用します。

虫歯レベル『C3』歯髄まで進行した状態

虫歯レベルC3虫歯が歯髄まで進行した状態が『C3』レベルです。ここまで虫歯が進行してしまうと激しい痛みを伴います。一刻も早く、歯科医院に行って治療を行う必要があります。治療法は、虫歯になった部分を除去し、ファイルと呼ばれる器具で歯髄を綺麗に取り除く方法です。その後、根の中をきれいに消毒し、緊密に薬剤を入れて被せ物を被せます。

虫歯レベル『C4』歯髄まで進行した状態

虫歯レベルC4歯冠部まで溶けてしまい、歯髄も死んだ状態が『C4』レベルです。この段階まで進んでしまうと痛みさえも感じなくなります。やがて歯根膜が化膿してしまい、膿が出るようになります。『C4』まで進んだ状態では、治療が限られてきてしまいます。歯がほとんど残っていないようであれば抜歯を選択せざるをえないです。抜歯後は、ブリッジや入れ歯治療、インプラント治療などを行います。
虫歯治療は、どの段階で治療し、その後の進行を抑えられるかで決まります。